「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

無名のディフェンダーだった塩谷司選手と、その恩師・柱谷哲二氏

2017 4/12 20:20Aki
shiotani
このエントリーをはてなブックマークに追加

一躍名前が知られるようになったオリンピック代表

塩谷司選手の名前が広く世間に知られるようになったのは、2016年のリオデジャネイロオリンピック代表にオーバーエイジとして選出されてからだろう。残念ながらチームはグループリーグで敗退となったが、塩谷選手は全試合にフル出場しチームを支えた。
彼がリオデジャネイロオリンピックのオーバーエイジに選ばれた事や、日本代表に選出されるようになったのはサンフレッチェ広島での活躍があったからだろう。塩谷選手は、サンフレッチェ広島の選手に多い下部組織出身や生え抜きという訳ではなく、2012年にJ2の水戸ホーリーホックから移籍してきた選手だ。
それまでは特に目立った功績もなく、年代別日本代表にも選出されたこともなかった選手だ。2012年の移籍で注目していたのは、熱心なサッカーファンぐらいだっただろう。
いわゆるサッカー界のエリート街道とは外れながらも、精一杯歩み続けることでJリーグ優勝チームの重要な選手となり、日本代表にも選ばれることとなった塩谷司選手とはどんな選手なのだろう。

全く無名選手だったプロ入り前

塩谷選手は徳島県出身で、小学生の頃はフォワードとしてプレーしていた。中学に入ると、現在の徳島ヴォルティスの前進チームにあたる大塚FCジュニアユースに加入した。 当時のサッカー界はJ2リーグを新設し、Jリーグの拡大を図っていた頃だ。元々は大塚FCもJリーグ入りを目指していたが、結局その拡大には参加しなかった。
一度Jリーグ入を断念した時期にジュニアユースでプレーしていた塩谷選手は、地域のトレセンに選ばれる事もほとんどない存在だった。 高校は徳島商業に入学。1、2年生の時に全国高校サッカー選手権に出場しているものの、全国のサッカー界から注目を集めることはできなかった。
しかし、この全国高校サッカー選手権に出場したことで国士舘大学から特待生として誘いを受け、国士舘大学に進学する。この誘いを受けるまでは高校を卒業すれば就職するつもりでいた塩谷選手が、後にプロサッカー選手として活躍する姿を想像していた人はいなかったのではないだろうか。
国士舘大学進学後も1年から3年まで、あまり試合に出場しない控え選手だった。また大学3年時に父親が他界したことで地元徳島を離れて暮らしていた塩谷は、一度サッカーを辞め退学をしたいと当時の監督に伝えていたのだ。だが、周囲のサポートにより翻意、サッカーを続ける決断をする。

おすすめの記事