「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と重要なスノーボードの手袋の初心者がおさえたい選び方のポイント

2016 12/1 16:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Cronislaw/Shutterstock.com

スノーボードを始めたいけれど手袋は何を選んだらよいかわからない人向けに、どんな種類があるのかどのようなものを選んだらいいのかをご紹介していきます。これを知っていれば手袋選びに困らず失敗しなくてすみますよ。

スノーボードの手袋の種類と選び方

スノーボードの手袋の種類には2つのタイプがあります。1つは5本の指がそれぞれ独立しているタイプ、もう一つは親指だけ独立していて後の4本がくっついているミトンタイプです。ビンディング等の細かい作業を行うのには5本指の方がやりやすく便利です。ミトンタイプは細かい作業はやりにくいために、いちいち外してポケットに入れたりと利便性を考えるとお勧めできませんがどうしてもこちらのデザインがいいという人は面倒なのをあらかじめ覚悟しておきましょう。
但し、ミトンタイプは穴が開きにくく故障が少ないというメリットがあります。

スノーボードの手袋の形態と選び方

スノーボードの手袋は手首よりも長く袖口から雪が入ってくるの防いでくれる長いガードがついているタイプと、通常の手袋と同様のついていないタイプがあります。通常のコースを滑るのであればガードなしでも特に問題がありません。新雪の場合は雪が入ってきやすいのでガードがあったほうが不快感がありません。
また初心者の場合は何度も転ぶ可能性が高いためにガードがあると袖口に雪が入ってくるのを気にせず滑ることができるでしょう。

おすすめの記事