「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スキー競技の6種類ってどんなものがあるの?

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi/Shutterstock.com

スキー競技は、様々なルールのもと主に6つの競技種目がある。どんな競技があるかをご存知だろうか。 主な6つの競技である、アルペンスキー、クロスカントリースキー、スキージャンプ、ノルディック複合、バイアスロン、フリースタイルスキーについてそれぞれご紹介しよう。

スリルと爽快感を感じられるスキー競技「アルペンスキー」

アルペンスキーは、ヨーロッパのアルプス地方でさかんに行われて発達したスキー競技で、急斜面を滑走してタイムを競うものだ。
アルペンスキーの種目には、MAX時速130kmもの速さになるダウンヒル(滑降)やターン技術と持久力が試されるスラローム(回転)、急斜面の旗門を通過しながら滑るジャイアントスラローム(大回転)、ハイスピードでのターン技術と持久力が要求されるスーパージャイアントスラローム (スーパー大回転) 、滑降と回転を組み合わせたアルペンコンバインド(アルペン複合)がある。
アルペンスキーは、急斜面を滑降するスリルのある競技だが、見ている者も爽快感を感じられる競技である。

持久力と技術が試されるスキー競技「クロスカントリースキー」

クロスカントリースキーは、北ヨーロッパを中心に盛んに行われているスキー競技の1つである。北ヨーロッパでは、冬の移動手段としてスキーを使っていた事からレクリエーションとしても行われ、次第に競技として発達していくことになる。
競技としては、つま先でブーツを固定するビンディング(板と靴をつなぐ金具)のついたスキーとポール(ストック)を使い、雪の積もった野原、丘、森林の中を滑り、選手同士が競い合う。
他のスキー競技は滑降によるスピードが重視されるが、クロスカントリースキーは平地や登りもあるのでスピードよりも長距離を滑走する持久力と技術が求められる。

おすすめの記事