「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子ラグビーワールドカップ2017の優勝を大胆予想

2017 4/20 11:07kinsky
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A_Lesik / Shutterstock.com

8月にイングランドで開催される「女子ラグビーワールドカップ2017」は、4年に1回行われる女子ラグビー世界一を決める大会です。日本が4大会ぶりに出場することが決まっているこの大会の優勝の行方を、大胆に予想します。

これまでの8大会で、ニュージーランドが4回優勝

ラグビーの女子ワールドカップは第1回が1991年にウエールズで開催されました。以来、3年ごとに開催され、2017年の大会は8回目になり、出場国数は12カ国です。これまでの7大会でニュージーランドが最も多い4回の優勝を飾り、1998年から2010年まで4回連続優勝という記録を打ち立てました。
続いてラグビー発祥のイングランドが1994年大会と前回の2014年大会を制しています。アメリカは優勝1回で第1回大会の覇者です。イングランドは準優勝も4回あり、8回大会中7回決勝のピッチに立っています。

女子ラグビーの競技人口は世界中で200万人以上

世界における女子ラグビーの競技人口は200万人以上と言われています。7人制ラグビーがリオ五輪で採用されたことで注目が集まり、他の競技からラグビーに転向するアスリートもどんどん増えています。今回W杯に出場することで、日本でも競技者やファンが徐々に増加しています。
前回のW杯はフランスで開催されましたが、決勝のイングランド対カナダ戦は2万人がスタンドで観戦しました。2017年大会の決勝が行われるアイルランドのスタジアムは1万8千人の収容能力があります。

おすすめの記事