「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と知らない!ウィルチェアーラグビーのルールを解説

2017 5/8 19:55m-wataru
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mila Supinskaya Glashchenko/Shutterstock.com

車いす(ウィルチェアー)を使用したスポーツはいろいろあるが、その中でもハードな部類の競技がウィルチェアーラグビーだ。 車いすでの激しいぶつかり合いが特徴で、その様子だけなら見たことがあるかもしれない。だが、意外とルールは知らない方が多いのではないだろうか? ここではウィルチェアーラグビーのルールを紹介する。

ウィルチェアーラグビーの基本的な試合のルール

ウィルチェアーラグビーは、車いすに乗った選手たちがバレーボールとほぼ同サイズのボールをパスやドリブルをしてゴールラインに運び、得点を競う競技だ。ウィルチェアーラグビーの特徴として、膝の上にボールを乗せた状態での移動も認められている。
使用されるコートはバスケットボールと同じ広さのコートで、基本的に室内競技になる。競技時間は1ピリオド8分間で、1試合で合計4ピリオド行う。ボールの種類や使用されるコート、室内競技ということを見ても、車いすなしのラグビーとはかなり違いがあることが分かる。

試合人数と車いすの種類について

ウィルチェアーラグビーの試合は、4人対4人で行われ、交代選手の人数に制限はない。選手交代の回数にも制限はないため、頻繁に選手を入れ替えることが可能だ。
また、選手が使用する車いすは、オフェンス用とディフェンス用に大きく分かれている。オフェンス用の車いすは、コンパクトに設計されており、ターンや細かい動きができるようになっている。一方、ディフェンス用の車いすは、敵の車いすの動きを封じるために、バンパーと呼ばれる突起物が車いす前方に付いているのが特徴だ。

おすすめの記事