「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスに華を添える名実況と実況者をご紹介

2017 2/9 18:26
アナウンサー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sapporobeer.jp

鍛え上げられた肉体のレスラーたちが、リングで己の技をぶつけ合うプロレス。そんな迫力満点のプロレスに、さらに華を添えるのがリングサイドから試合を伝える実況者だ。そこで時代を彩る名実況でおなじみ、人気の実況者たちを紹介していく。

昭和プロレスの名実況者“清水一郎アナウンサー”

初期プロレス界を支えた名実況者として有名な清水一郎アナウンサー。昭和のプロレスファンにとって絶大の人気を誇った力道山選手やジャイアント馬場選手、アントニオ猪木選手らのレスラーの試合を長きにわたり担当してきた。
日本テレビで放送されていた「ダイヤモンドプロレス」を担当しており、昭和のプロレスファンなら必ず耳にしたことがある実況者だ。特徴的な表現を駆使した実況スタイルや、ジャイアント馬場選手の技を命名するなど、現在の実況者のスタイルや基礎を作った。

比喩表現を巧みに使った名実況でおなじみの“古舘伊知郎アナ”

2016年3月まで長期にわたって「報道ステーション」の司会者を務めたことから、ニュースキャスターとしての知名度が高い古舘伊知郎さん。実はプロレスや競馬、F1といった実況でも人気となった名アナウンサーだ。
テレビでは「ワールド・プロレスリング」を10年間にわたり担当。そんな古舘さんの得意とする手法は、比喩表現を使ったオリジナルのフレーズ。そして、数々の言葉を一切噛まずに早口で実況、それでいて聞きやすい日本語で、さらに試合を盛り上げる。すべてが独創的であり、プロレスラーを際立たせることはもちろん、実況者としても人気が出たアナウンサーは、古舘さんが初めてではないだろうか。

おすすめの記事