「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

引退後に華麗な転身をしたプロレスラーたち

2017 2/9 18:26
プロレスラー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.cinemacafe.net

見るものを興奮と熱狂の渦に巻き込むプロレス。 リング上で鍛えられた肉体のプロレスラーが戦う姿は、まさに圧巻の迫力だ。 そんなプロレスラーたちが引退後に歩んだ道のりや、転向した職業などを紹介していく。

引退後に政治家へと転向した“アントニオ猪木”

「元気ですか?!」のかけ声で有名な元プロレスラーのアントニオ猪木さん。あの力道山氏にスカウトされた経験もあるアントニオ猪木さんは、アメリカ武者修行などを経て、「新日本プロレス」などで活躍して不動の人気を得た。
1998年にプロレスを引退。その翌年には「スポーツ平和党」を結成し、参議院選挙に立候補して見事当選。政治家へと転身した。その後、湾岸戦争で邦人の人質解放に尽力するなど活躍を見せるが、スキャンダルなどで落選。しかし、2013年に再当選をして議員に復帰した。 現在は独自の判断で訪朝するなど、プロレスラー時代に培った行動力で政治家として活動している。

引退後もマルチに活躍する“高田延彦”

「男の中の男たち 出てこいやっ! 」のかけ声が印象的な高田延彦さん。幼い頃からの夢だったプロレスラーになるため1980年に新日本プロレスに入団。翌年にデビューし、アントニオ猪木選手の付き人も務めた。その後、UWFを立ち上げるなど活躍し、UWFインターナショナルでは社長に。その後、総合格闘家を経て引退した。
PRIDE統括本部長に就任するなど、引退後にもレスリングや格闘技に関わり、「高田道場」で指導を行っている。さらに、その明るい人柄でテレビに出演して大活躍。現在はバラエティ番組などをはじめ、声優や俳優なども行うマルチタレントとしても活躍している。

おすすめの記事