「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知らなかった!飛込競技の基本ルール

2016 10/3 15:52
飛込競技
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Diego Barbieri / Shutterstock.com

飛び込み競技と聞いて何を思い浮かべますか?
飛込競技のことは知っているけれども、内容はいまひとつわからないという方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、基本的なルールや採点などについて見ていきましょう。観戦時には一層楽しむことができますよ!

飛込競技ってなに?

飛込競技は、飛び込みやダイビングなどと呼ばれ、「飛び板飛び込み」と「高飛び込み」のふたつの競技があります。飛び板飛び込みは、弾力性に富んだ1メートルまたは3メートルの高さの板から飛び込みます。高飛び込みは、5メートル、7.5メートル、10メートルの高さから飛び込み、どちらも技の美しさなどを競います。
バラエティー番組などで芸人さんが10メートルの高さから飛び込む企画がありますが、あれが飛込競技で使われる飛び込み台です。実際に立ってみると結構高く、初心者は恐怖心を克服することから始めるようです。

飛込競技の基本ルール・飛び板飛び込み

飛び板飛び込みでは、弾力性に富んだ板が設置されており、出場者はその板に向かって助走、跳躍をし、空中で様々な演技を行います。演技には、回転やひねり、ポージングなど多くの種類があります。空中での演技だけでなく、着水するときも評価の対象となります。
例えば、水しぶきが上がらない入水であるノースプラッシュは非常に高い評点がつけられます。高飛び込みと比べると飛び板飛び込みの方が高度な技術を必要とされるため、ベテランの選手が比較的多くいます。

おすすめの記事