「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京オリンピックの開会式の今昔物語!

2016 10/25 18:05
東京オリンピック 開会式
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by EtiAmmos / Shutterstock.com

2020年に開催される東京オリンピックも、熱く盛り上がってきていますよね。そこで、東京オリンピックの開会式が気になる方へ、知っておきたい1964年の東京オリンピックの開会式を振り返りながら、2020年の東京オリンピックの開会式についてもご紹介したいと思います。

1964年の東京オリンピックの開会式の会場は?

1964年10月10日に開催された東京オリンピックの開会式は、東京都新宿区霞ヶ丘町にある日本スポーツ振興センター所有の「国立競技場」で行われました。この競技場は1958年の開場から2014年の閉場までの長きにわたり、多くのスポーツ選手たちの活躍の場として親しまれていました。特に高校サッカー界においては「国立」と称され「聖地」として高校生サッカー選手にとっての甲子園的存在となっていました。
収容能力は5万人ほどで、最多収容人数は2014年にL'Arc〜en〜Cielが打ち立てた8万人という記録が残っており、2020年開催の東京オリンピックに向けて、新たに建て替えが進められています。

1964年の東京オリンピックの開会式のオープニングの使用曲は?

1964年の東京オリンピックの開会式の冒頭に流れたのは、作曲家・團伊玖磨(だんいくま)さんの「オリンピック序曲」で、演奏も團伊玖磨さん本人の手によるものでした。
團伊玖磨さんは、1924年に東京府東京市四谷区(現在の東京都新宿区)に生まれ、2001年に77歳で亡くなるまでオペラや交響曲、童謡、映画音楽などを作曲し、数多くの作品をこの世に送り出しました。彼にはエッセイストとしての一面もあり、代表エッセイは東京オリンピック開催と同じ年に連載を開始した「パイプのけむり」で、2000年に掲載誌であるアサヒグラフが休刊するまで長きにわたり連載を続けていました。

おすすめの記事