「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関西で女子ラクロスの強豪大学はどこだ?強さが光るチーム紹介

2017 7/10 10:01芝田カズヤ
ラクロス,女子ラクロス
このエントリーをはてなブックマークに追加

女王にストップをかける?同志社大学

2016年シーズン、関西学院大学が5冠を達成した中で、関西の大学で関西学院に黒星をつけたチームがいます。それが同志社大学です。同志社大学は過去に1度、大学選手権決勝に進出したことのあるチームです。 そんな関西の強豪の1つである同志社大学はこれまでに何人も日本代表選手を輩出しています。また、2017年の日本代表メンバーに選出されている選手もいます。
2016年はライバルに悔しい思いをさせられた同志社大学ですが、2017年は前年のリベンジを果たすことができるのか?ぜひ、実際の試合をご覧になってみてください。

全国各地で武者修行!神戸大学

続いて紹介するのは神戸大学です。神戸大学は2016年は関西1部リーグに所属していましたが、リーグで7位となり2部に降格してしまいました。
再び1部昇格を目指す神戸大学の強化策の1つが武者修行です。これは関東、東海、関西などの各大学や社会人のチームの練習に参加し、その名の通り武者修行を行うというものです。ラクロスは、チーム同士での合同練習などは頻繁に行われますが、各地に部員が散らばってこのように「武者修行」と題する取り組みは非常にユニークだと言えます。
各チームのいいところを学び、自チームへと持ち帰ることでチームの成長を促すのです。 まずは、1部復帰を目標に各チームでの学びをどのように活かして戦うのか楽しみにしましょう。

強豪チームは高偏差値?

冒頭にも書いているようにラクロスは大学から始める選手が多い競技です。それは高校のチーム自体があまり多くないということが関係しています。確かにラクロス経験を持つ人もいるかもしれませんが、チームの戦力のほとんどは大学から始める選手たちです。ではなぜ、そんな人たちが強豪校の一員として力を発揮できているのでしょうか?
1つには経験がない分を頭を使って考えながらプレーしているということが考えられます。証拠があるわけではありませんが、男女ともにラクロスが強いのは学力の高い大学である傾向があります。
学力が高いということは例えば勉強で要点を抑えるのと同じようにプレーの要点を押さえたり、自分の得手不得手の科目を把握しているように得意なプレー、そうでないプレーを把握するのが上手なのかもしれません。勉強とスポーツと全く別物のように思えて実は頭を使うという点では共通しているものがあるのです。

まとめ

ここまで関西の女子大学ラクロスの強豪校について紹介してきました。関東のチームの強さが目立つ大学ラクロスにおいて、それを阻止するためにも関西の大学の存在は非常に重要です。今回紹介したチームを始め、関西のチームが今後どのような活躍を見せてくれるのか楽しみにしましょう。

おすすめの記事