「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初心者がイチから始める弓道入門 ― 道具編 ―

2016 12/21 10:03
弓道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kazu Inoue / Shutterstock.com

弓道は凛々しさや奥ゆかしさを感じる日本武道だが、全くの未経験者が気軽に始められる環境は多くない。 しかしその魅力や、男女を問わず取り組むことができる点などから弓道を始める初心者の方々も見られる。 そんな初心者の方へ、弓道で使う道具「弓具」について紹介する。

重要な道具である「和弓」の購入は最後がよい?

弓道では弓のことを「和弓」と呼ぶ。弓がないと矢を飛ばすこともできないので、和弓は最も重要な道具の1つといえる。
しかし、和弓の購入は道具類の中で最後にするのが望ましいとされている。 これは引き尺(弦で矢を引いたときの寸法)が弓の長さと関係するためだ。ご自身の弓を引く強さが定まってから購入した方が良いということだ。

和弓には「竹弓」と「カーボン入り竹弓」、「グラスファイバー・カーボンファイバー弓」といった種類がある。
それぞれ弓の材質が名称となっているが、竹弓は非常に高価なため初級から中級者はグラスファイバー弓を選ぶ方が多い。 安価なもので一張り20,000円台から、というのがおおよその価格だ。

矢は引き尺に応じた長さで選ぶ

弓道で使用する矢は竹製、ジュラルミン製、カーボン製があり、これらは「箆(の)」と呼ばれる矢のシャフト部分の材質を指している。
矢を購入する際は、引き尺に応じた長さで選ぶことが重要だ。指導者や店員の方と相談して、適切な長さの矢を選ぼう。

矢の構造としては、先述の箆に飛行を安定させる羽根、羽根の固定と装飾を兼ねた矧糸、弦を挟み弓の力を矢に伝える筈がついている。 これに、矢先の破損を防ぐ矢尻(板付)を先端に取り付けて使用する。
現在最も多く使われている矢はジュラルミン製のもので、価格は6本セットで15,000円前後となっている。 これに、矢を持ち運ぶための矢筒を加え、概ね18,000円からというのが相場だ。

おすすめの記事