「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関西学院大学アイスホッケー部を徹底解剖!

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

氷上を走り、パックをめぐって体をぶつけ合い、ゴールを奪うのがアイスホッケーの醍醐味。 関西地区では「関関同立」の4校を中心に熾烈な戦いが繰り広げられています。 本稿では、関西学院大学アイスホッケー部にスポットを当てて徹底解剖します。

【関西学院大学】全国から各競技のトップアスリートが集まる名門

兵庫県西宮市にキャンパスがある関西学院大学は、キリスト教に基づいた教育を行う総合大学です。前身である関西学院の設立は1889年、正式に大学となったのは1932年にまで遡ります。
体育会のモットーは「Noble Stubbornness(高貴な粘り)」。ラグビー部は昭和の頃に全国制覇を達成した古豪として知られ、アメリカンフットボール部は「ファイターズ」の名で親しまれており、甲子園ボウルで23回の優勝経験を誇る全国トップクラスの実力を有しています。そのほかサッカー部やバスケットボール部も関西地区の強豪校に名を連ねており、全国から優秀なアスリートが集まってきます。

【歴史】創部80年を超える関西学院大学アイスホッケー部

アイスホッケー部の歴史は古く、今年で80年を超える伝統を持つチームです。これは学内体育会の部活動の中でも長い歴史を持っており、これまでに多くのOBを輩出してきました。チームカラーであるKGブルーのユニフォームには、チームシンボルである新月のマーク。昔から変わらぬ伝統の証です。
関西学生リーグではトップカテゴリーである1部Aリーグに所属しており、関西大学、立命館大学、同志社大学と並び、4強の一角を占めています。冬のインカレにも連続出場を続けており、全国レベルでの活躍も目覚ましいチームです。

おすすめの記事