「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大阪府立大学アイスホッケー部を徹底解剖!

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

ウィンタースポーツの中で最も激しい競技、アイスホッケー。 日本における歴史は思いのほか古く、戦時中から学生スポーツとして繁栄してきました。 本稿では関西1部Aリーグ・大阪府立大学アイスホッケー部に関する情報をお伝えします。

【大阪府立大学】関西有数の難関国公立大学の代表格は文武両道

大阪府立大学は大阪府堺市に位置する公立大学です。その歴史は古く、獣医学講習所が大阪府立大阪医学校(後の大阪大学)内に設置された1883年まで遡ります。創立から133年を数え、関西のみならず全国から学生が集まる名門大学です。
一方、スポーツ面では、同志社や立命館といった私立名門校と比べれば、野球・サッカー・バスケットボール・ラグビーなどの主たるスポーツは盛んとは言えませんが、漕艇部(ボート競技)や日本拳法部が全国屈指の強豪として知られています。

【歴史】創部90年目を迎える大阪府立大学アイスホッケー部

大阪府立大学アイスホッケー部は、1926年に旧満州でホッケー経験を持つ初代主将と有志により創部されました。90年以上の歴史を持つ伝統あるチームは、Blue Egrets(ブルーエグレッツ=青いシラサギ)の愛称を持っています。 関西学生リーグでは上から2番目のカテゴリーである1部Bリーグを主戦場としていますが、1部Aリーグ昇格を常に狙える実力を有しています。高校からのアイスホッケー経験者は少なく、キャリアをゼロから積み上げていく選手も多い中ではありますが、1部Aリーグ昇格もしくは残留を目標とした戦いを続けています。

おすすめの記事