「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

京都産業大学アイスホッケー部を徹底解剖!

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by anouk3/Shutterstock.com

日本では古くから学生スポーツとして歴史を重ねるアイスホッケー。 現在、早稲田・明治・法政・東洋の関東4強が日本一に近い存在で、関西勢も関西大学を中心に実力アップを図っています。 本稿では、関西1部Aリーグ・京都産業大学にスポットを当てます。

【京都産業大学】ラグビーを筆頭にした大学スポーツの名門

京都市北区に位置する京都産業大学。1965年に創立され、現在7つの学部がある総合大学です。初代学長は荒木俊馬氏。ノーベル賞を受賞した湯川秀樹を指導したことでも知られる物理学者です。
スポーツ面に目を向けると、硬式野球部は関西六大学リーグに参加してプロ選手を多く輩出。ラグビー部も関西地区の強豪校で、全日本大学選手権の常連となっています。そのほか、バスケットボール部、陸上競技部、ソフトボール部などが全国レベルで実績を残しています。

【歴史】創部45年目を迎える京都産業大学アイスホッケー部

京都産業大学体育会アイスホッケー部は1971年に創部されました。開学から5年後に産声をあげたチームは、今年で創部から45年目を迎えました。関西学生リーグでは1部に所属。関西大学が常勝軍団として君臨していますが、上位進出を目指して毎シーズン奮闘を続けています。
冬のインカレには2013年・14年・15年と3年連続で出場中。関東の強豪校と力の差があることは否めないものの、2013年には8年ぶりに1回戦を突破し、ベスト16進出という成績を収めています。

おすすめの記事