「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

馬術競技にはどんな種目やルールがあるの?

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Perry Correll / Shutterstock.com

馬術競技にはどんな種目があるのでしょうか? 今回は種目ごとに解説していきたいと思います。もしかしたら、聞いたことがない種目もあるかもしれませんね。 また、基本的なルールについてもご紹介していきます。

馬場馬術の基本ルール

馬場馬術は、アリーナと呼ばれる競技場で行われます。アリーナは20m×60mの長方形で、各地点にはマーカーと呼ばれる表記があります。そのマーカーを目印に演技を行っていきます。
演技の正確さや美しさを競う種目で、常歩(なみあし)、速歩(はやあし)、駈歩(かけあし)という3種類の歩き方を基本に、さまざまなステップを踏んだり、図形を描いたりします。また、技には名前があり、その場で足踏みをするピアッフェ、後ろ足を中心としてその場で回転するピルーエットなどが代表的です。

馬場馬術は審査員による審査で演技の優劣を決める

馬場馬術では複数の審判員による審査が行われ、各運動ごとの0~10点の点数と演技全体の印象について採点した点数を合計します。また、自由演技においては芸術的評価が加わります。それぞれの得点を満点で割ってパーセンテージで表し、その数値が大きい人馬が上位となります。
最終得点率において60%を獲得すれば、その種目で求められている運動はほぼ出来ているという事になるのですが、世界チャンピオンクラスの人馬は、グランプリ自由演技で90%以上という驚異的な数字をマークしています。

障害馬術の基本ルール

次は障害馬術のルールについてご紹介します。
障害馬術は大障害や中障害Aなど5つのグレードに分かれており、各グレードによって障害物の最大高さが変わります。大障害では障害物の最大高さが160cmにもなり、人間の背の高さほどに達します。
また、障害の奥行きが200cmを超えるものもあり、選手の技術と馬の能力、人馬の勇気、さらに人馬のコンビネーションが揃ってこそ、迫力と華麗さを兼ね備えた走行と飛越を見せることが可能となるのです。

障害馬術における反則とそのペナルティ

障害馬術には、走行中の過失に対するペナルティがあります。障害物の落下や障害物の前で馬が停止するなどの反抗には減点が課せられます。馬の反抗は2回目は失権(失格)となり、コース走行中に馬の反抗が45秒以上続いた場合は、即失権です。
障害飛越には規定タイムが設けられており、規定タイムを4秒超過するごとに1点の減点が課せられます。その他、落馬や人馬転倒、経路違反は1回で失権です。障害物を落とさず、規定タイムより速く走破すると点数が高くなります。

総合馬術の見どころはクロスカントリー競技

総合馬術競技は3日間で行われます。初日は馬場馬術競技で、ここでは馬の調教審査が行われます。2日目にこの種目のメインとなるクロスカントリー競技が行われ、野外走行で障害飛越したり、自然の起伏を走って耐久力を審査します。障害には水濠障害や池、竹柵など危険なものが目白押しです。
走破後は獣医によるホースインスペクション(馬体チェック)が行われ、そのチェックを通過した人馬が3日目の余力審査となる障害馬術競技に進むことが許されるという過酷な種目です。

歴史の浅いエンデュランス競技は馬のマラソン!

最後にエンデュランス競技をご紹介します。この競技の日本での歴史は浅く、2000年から全日本大会が始まりました。「馬のマラソン」と言われる競技で、大会によって距離はさまざまですが、長いものでは80kmにも及ぶものもあります。
この競技で必要とされるのは、人馬ともに健康に走りぬくことです。競技者は、走行中も馬の健康を気遣いながら、またクルーと呼ばれるサポートスタッフと馬の健康状態をケアしながら、ゴールを目指します。

まとめ

普段はあまり見かけることのない馬術ですが、もし身近で開催されていたら、一度足を運んで観戦してみてください。 人馬が一体となる演技に魅了されることと思います。 人馬がコミュニケーションをとる光景も、一見の価値ありです。

関連記事

おすすめの記事