「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

見せ場も多彩、女子体操の段違い平行棒の技の種類

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Leonard Zhukovsky / Shutterstock, Inc.

段違い平行棒は2本の高さの違う平行棒を使って演技をする体操女子の競技です。 男子の鉄棒と同じ技も沢山取り入れられていますが、段違い平行棒固有の技も多数あります。 ここでは段違い平行棒ならではの技を中心に紹介します。

段違い平行棒の定番技・マロニー

アメリカのクリスティン・マロニーが考案した移り技です。日本語では、低棒で後方フット車輪から背面とび高棒へ移動となっています。フット車輪とは手で持った平行棒に足を添えて回転する方法で、低棒を背中越しに飛びこして後方の高棒に移ります。難度はDですが、段違い平行棒の定番技として多くの選手が取り入れています。
考案者のクリスティン・マロニーは2000年シドニーオリンピックに出場、団体戦で銅メダルを獲得したアメリカチームの一員として活躍しました。2016年リオオリンピックでは種目別段違い平行棒優勝のアリーヤ・ムスタフィナ選手始めほとんどの選手がマロニーを採用していました。

妖精コマネチ考案の宙返り技・コマネチ

ルーマニアのナディア・コマネチが考案した宙返り入り離れ技です。難度はE、日本語では、高棒支持後振り前方開脚宙返り高棒懸垂となります。高棒で体を後方に振り、高棒上で後方に開脚して宙返りを打ち、高棒に戻ります。
コマネチに関しては技よりもコマネチ本人が有名ですね。1976年モントリオールオリンピックでは、団体戦は銀メダルながら、種目別の平均台と段違い平行棒で金メダル、個人総合でも金メダルを獲得しました。特に平行棒と段違い平行棒の演技では10点満点を出し、世界中をあっと言わせました。

おすすめの記事