「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

男子体操競技の華、鉄棒の華麗な技と種類の数々

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by DayOwl / Shutterstock, Inc.

鉄棒といえば、男子体操競技の花型種目ですね。離れ技や、捻り技など華麗な技には事欠きません。 鉄棒技についてもっと知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。 ここでは、鉄棒の技について考案者や得意な選手と共に紹介します。

内村選手がまさかの落下・コバチ

リオオリンピック男子団体予選で、思わずアッと声を出した方も多かったのではないでしょうか。日本のエースと自他ともに認める内村航平選手がバーをつかみ切れず落下した大技です。
考案者はハンガリーのコバチ・ベーテル選手。車輪の途中でバーを放し、バーを越えながら後方抱え込み2回宙返りを行う離れ技です。伸身と屈伸の2種類があり、内村選手は屈伸のコバチで落下しました。難度はDでそれほど難しい技ではありません。内村選手も得意技としていて、まさか落ちるとは思わなかったようです。離れ技の恐ろしいところです。

遠藤選手考案の回転技・エンドー

1964年東京オリンピックで個人総合優勝を果たした遠藤幸雄選手が考案した回転技です。日本語で内容を表せば前方開脚浮腰回転倒立となり、前方に回転しながら脚を広げてバーをくぐり、バーの上に倒立します。難度はBと比較的易しい部類に入りますが、回転でスピードを付けた後に倒立で静止が入り、きちんと体を止められるかが難しい技です。
考案者の遠藤選手は東京オリンピックの個人総合のみならず、男子団体、種目別平行棒も金メダルに輝きました。前回大会の1960年ローマの団体金メダル、1968年メキシコ団体金メダルと3大会に渡り活躍しました。

おすすめの記事