「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

第一線で活躍していたフィギュアスケート選手のプロ転向後とは?

2017 5/8 19:55まりも
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Paolo Bona/Shutterstock.com

毎年のように新しいスターが誕生する日本フィギュアスケート界。新星が現れる一方で、競技としてのフィギュアスケートを引退し、プロとして新たなフィギュアスケート人生を送る選手もいる。彼らはどのような活動をしているのだろうか。

トリノオリンピック金メダルの荒川静香さんのプロ転向後

荒川静香さんは、神奈川県鎌倉市生まれ。2004年グランプリファイナル2位や同年の世界選手権優勝、2006年トリノオリンピック金メダルなどの輝かしい功績を誇っている。
2006年のトリノオリンピック後にプロ転向を表明し、自身で企画・プロデュースを行ったアイスショー「フレンズ・オン・アイス」を開催した。その後も盛んに活動し、トリノオリンピックから1年の間に国内外で100以上ものアイスショーに出演した。
2014年に妊娠を発表し、一時アイスショーの出演を辞退していたが、出産後は再びアイスショーに精力的に出演し。大会の解説者としても活躍している。

世界選手権銅メダルの鈴木明子さんのプロ転向後

鈴木明子さんは愛知県豊橋市出身。全日本選手権で初めて表彰台に上り、バンクーバーオリンピック初出場を決めたのが24歳と、遅咲きの選手だ。2012年の世界選手権で銅メダルを獲得した。摂食障害を乗り越え、二度と立てないかもしれないと思っていた氷上へと戻り、2度のオリンピック出場などを成し遂げている。
現在では、プロフィギュアスケーターとしてのアイスショーの他にも、講演やコメンテーター、解説者など幅広く活躍している。2015-16年シーズンの本郷理華選手のショートプログラムの振付を担当。今後は振付師としての活躍も期待されている。

おすすめの記事