「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

読売ジャイアンツの18番を背負ってきた名選手5人

2016 7/20 18:19
背番号18
このエントリーをはてなブックマークに追加

球団のエースナンバーである背番号18。
今回は読売ジャイアンツで、その伝統ある18番を継承してきた名選手5人をピックアップして紹介しよう。※()は18番を背負っていた年度

18番をエースにした男”中尾碩志”(1939年~1942年、1946年~1957年)

読売ジャイアンツの18番は、エースナンバーと呼ばれており、中尾碩志選手が最初のエース投手だったと言われている。 1939年から、途中戦争でチームを離れるものの、1957年までの16年の現役生活で209勝を挙げ、後に野球殿堂にも選ばれる大投手だった。
コントロールが悪く四球が多かったのだが、三振を奪える剛球を武器にノーヒットノーランも2回達成している。現役引退後にはコーチや二軍監督を務め、スカウトに転身している。

慶応のスターから大エースへ”藤田元司”(1958年~1966年)

1957年に入団した藤田元司選手は、17勝を挙げて新人王に輝く。その活躍が認められ、中尾碩志選手がつけていた読売ジャイアンツのエースナンバーである18番を背負う。 18番を背負って挑んだ2年目は29勝、3年目には27勝を挙げ、2年連続でMVPに輝く。
なんといっても、藤田元司選手は長嶋茂雄選手のサヨナラホームランで有名な天覧試合の先発投手なのだ。その天覧試合でも藤田元司選手は、見事に完投勝利を収めている。
現役引退後も、監督として読売ジャイアンツを率いて日本一を二度達成するなど、名監督となっている。

おすすめの記事