「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

読売ジャイアンツの18番を背負ってきた名選手5人

2016 7/20 18:19
背番号18
このエントリーをはてなブックマークに追加

悪太郎こと”堀内恒夫”(1967年~1984年)

1965年のドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名を受けた堀内恒夫選手は、1年目から開幕13連勝を達成し、新人王はもちろん沢村賞、最優秀防御率、最高勝率のタイトルを獲得する。 その活躍もあり、読売ジャイアンツのエースナンバーである18番を2年目から背負うことになる。
成績とは逆に、素行が良くなかった堀内恒夫選手は、”悪太郎”と呼ばれ、当時の寮長から大目玉を食らっていたようだ。やはり大エースになるには、それくらい肝っ玉が座っていないといけないのかもしれない。

復活した18番”桑田真澄”(1986年~2006年)

1985年のドラフト会議で、読売ジャイアンツは清原和博選手を指名すると噂されていた。しかし、フタを開けると進学を表明していた桑田真澄選手を指名する。
その桑田真澄選手は、中尾碩志選手、藤田元司選手、堀内恒夫選手と受け継がれてきた18番という栄光の番号を託される。1年目は15試合に登板して2勝1敗と、高卒ルーキーとしてはまずまずのスタートを切った。2年目になると頭角を現し、6年連続2ケタ勝利をマークする。
1995年に肘を故障し、1年のリハビリを経てマウンドに戻ってきた際、マウンド上でプレートに右肘をつけた名シーンは、以降も肘のケガから復帰した投手の定番となった。 2006年オフに海を渡るまで、長きにわたり読売ジャイアンツの投手陣を支えた。

18番で口説かれた男”杉内俊哉”(2012年~)

福岡ソフトバンクホークスから、FAで読売ジャイアンツに入団した杉内俊哉選手は、4年20億円という超大型契約を結ぶ。 その際に、読売ジャイアンツのエースナンバーである18番も提示され、前任の桑田真澄選手に相談の上で着用することを決意する。
読売ジャイアンツに移籍後の4年間で、ケガがありながらも39勝を挙げ、まずまずの成績を残す。度重なるケガの影響で2015年の7月以降、一軍での登板実績はないが、現在は二軍で調整を続けながら2017年中の一軍復帰を目指している。

まとめ

読売ジャイアンツは歴史のある球団ということで、古くから18番はエースナンバーとして受け継がれている。
現在、杉内俊哉投手が背負っているが、次の18番はどんな投手がつけるのだろうか。今から楽しみだ。

おすすめの記事