「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Rソックス・セール、ドジャース・カーショーで開幕。2018年WSの勝敗を分ける鍵は? 

2018 10/23 16:00勝田聡
ボストン・レッドソックス,ロサンゼルス・ドジャース,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

Rソックス、ドジャースのチーム成績を比較

ボストン・レッドソックスとロサンゼルス・ドジャースの対戦となった2018年のワールドシリーズ。レッドソックスがクリス・セール、ドジャースがクレイトン・カーショーと第一戦の先発投手も両チームから発表され、試合開始までいよいよ秒読み段階に入ってきた。まず、両チームの成績をレギュラーシーズン、ポストシーズンに分け、振り返ってみたい。

2018年シーズン成績

レギュラーシーズンでは勝利数、打率、得点、盗塁でレッドソックスに軍配が上がる。一方のドジャースは本塁打数、防御率でレッドソックスを上回っている。

2018年ポストシーズン成績

その傾向は試合数が2試合違うものの、ポストシーズンでもほぼ変わらない。盗塁数こそドジャースの方が多いものの、その他の項目はレギュラーシーズン同様にレッドソックスが優勢だ。打線のレッドソックス対投手力のドジャースという構図となりそうだ。

おすすめの記事