「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【WS進出チーム紹介】前田所属のドジャース 強力投手陣で30年ぶりの悲願目指す

2018 10/23 11:00勝田聡
ロサンゼルス・ドジャース,前田健太,クレイトン・カーショー,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ドジャー・スタジアムはピッチャーズパーク

ナショナルリーグチャンピオンシップ(以下、NLCS)を勝ち抜き、ワールドシリーズ(以下、WS)へと駒を進めてきたのは西地区に所属するロサンゼルス・ドジャースだ。2016年シーズンから前田健太も所属しており、日本のメディアでも取り上げられる機会が多い球団。また、1995年には日本人2人目のメジャーリーガーとして、野茂英雄が契約したことでも知られている。

日本人にとってロサンゼルスは比較的過ごしやすい気候ということもあってか、野茂や前田以外にも黒田博樹や斎藤隆といった選手も在籍していた。

ドジャースの本拠地であるドジャー・スタジアムの開場は1962年で、本拠地として使用されている30球場中で3番目に古い。得点が入りくい球場「ピッチャーズパーク」としても知られており、今シーズンの得点パークファクター(※)は30球場中26位の0.872だ。

※ 得点パークファクター:各球場の得点の入りやすさを測る指標。数字が1より大きければ、その球場は他球場よりも得点が入りやすく、小さければ得点が入りにくいことを表す。

おすすめの記事