「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【やるじゃんけ】山梨県の野球強豪校5選

2016 8/20 14:15
部活,練習試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

高校野球には数々のドラマがある。練習した日々の成果を試合で発揮している。そこで今回は、山梨県の高校野球にクローズアップする。今年夏のセンバツに出場した「山梨学院大学付属高校」をはじめ、全国制覇を目指す「東海大学付属甲府高校」、山梨の伝統校である「甲府市立甲府商業高校」、名門である「日本航空高校」、甲子園出場を目指す「富士学苑高校」の強豪校を5つ紹介する。

名将率いる 山梨学院大学 附属高等学校野球部

学校は主に体育系に力を入れており、野球部、サッカー部、駅伝部、水泳部、レスリング部が全国大会に出場するレベルである。
中でも野球部は実績があり、2013年春からは長崎・清峰を率い、春夏5度の甲子園出場を果たした吉田洸二監督の指揮のもと平成26年に行われた選抜大会には山梨県勢として7年ぶりの出場を果たした。更に関東大会では優勝している。

監督は普段からなるべく丁寧な言葉遣いを心がけ、意識して周囲に目を配り、実力で後輩に抜かされてしまいそうな上級生がいれば、その選手の人間的な部分を褒めてあげるといったことを実践しているそうだ。

山梨の強豪 東海大学付属甲府高校野球部

「全国制覇」という目標を目指し、第88回選抜高等学校野球大会 出場や第97回全国高等学校野球選手権大会 出場を果たしている。
過去には、秋季県大会優勝、春季県大会優勝、夏季県大会優勝 甲子園出場などの輝かしい実績がある。

東海大甲府の大型1年生左腕・渡部雄大(函館港西リトルシニア出身)には要注目だ。彼は直球の他にもカーブ、スライダー、シュート、チェンジアップと多彩な球種が持ち味のこれからが楽しみな選手である。

おすすめの記事