「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【強豪揃い!】東京都の野球強豪校5選

2016 8/20 14:15
東京 野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

東京は偏差値の高い学校や国際化に特化した学校、スポーツの名門など様々なジャンルの学校が密集している。
誰もが知っているであろう超有名校から、今後注目していきたい高校まで5校を厳選して紹介する。

オコエ瑠偉を生んだ話題の強豪校、関東第一高等学校

東京都を代表する甲子園出場の常連校であり、何と言っても東北楽天イーグルスへの入団を果たしたプロ野球選手オコエ瑠偉の出身校として全国的な注目を浴びた強豪校が、関東一高だ。
関東一高の強さの秘訣は、オコエ選手がそうであるように「走・攻・守」のバランスが揃った優秀な選手が数多く在籍しているという所だ。

驚異的な破壊力を持つ4番バッターや怪物と呼ばれるような投手等、特定の選手だけに頼ったチームではなく野手、投手、捕手を含めて堅実に守れ、どの打順からも得点をあげることができる。言わば出場選手全員がバランスのある野球エリート集団であることが同校特有の特徴であり強さなのだ。

いぶし銀の強さが光る二松学舎大付属高校

東京都の高校野球強豪高として忘れてはいけないのが、二松学舎大附属高校だ。 2014年の夏の甲子園へ出場後は夏、春共に甲子園出場を逃しているが、平成28年度の東京都大会では関東一高に惜敗したものの堂々の準優勝を果たし、強豪校としての健在ぶりをしっかりと示している。

2017年には3年ぶり2回目となる夏の甲子園出場を果たした。近年ドラフト指名を受けた選手でいうと、左腕のエース投手大江竜聖選手。MAX148kmの剛速球を武器とする大江選手は2015年ドラフトで読売ジャイアンツの6位指名を受けた。また、甲子園出場年となった2017年には、4番として活躍した永井敦士が広島カープの4位指名を受けた。

おすすめの記事