「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

記憶に残る名勝負に事件 星稜高校野球部の歴史と戦績

2019 8/7 12:30
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

夏の甲子園準優勝1回、ベスト4が2回

星稜高校は1962年(昭和37年)に開校した石川県金沢市にある私立高校だ。開校当初は「実践第二高等学校」だったが、翌年に生徒・教員から名称を募集し「星稜高等学校」に改称された。

野球部も1962年に創部。甲子園への出場は春の選抜大会が1977年第49回が初出場で計13回、夏の選手権大会は1972年第54回が初出場で20回の計33回となる。

春夏の甲子園共に数多くの印象深いシーンを演じており、夏の甲子園では2回ベスト4まで進み、第77回大会では準優勝を果たした。春の選抜ではベスト8が3回となっている。

歴史に残る名勝負 箕島と延長18回の死闘

星稜の名勝負の一つといえば、1979年夏、第61回大会の箕島戦で繰り広げられた白熱の延長戦だ。

4回目の出場となったこの大会は、初戦となった2回戦で京都の宇治に8-0で快勝し、3回戦で箕島とぶつかった。

試合は序盤から投手戦の様相を呈し、4回に両者がそれぞれ1点を奪い合い、そのまま延長戦に突入。12回表、星稜が勝ち越しの1点を入れると、その裏2死からホームランを喫し再び同点に。

16回表にも星稜が1点を勝ち越したが、その裏2死からの同点弾で三たび追いつかれ、18回裏箕島のサヨナラで高校球史に残る熱戦は終わりを告げた。

この対戦に勝利した箕島はその後も勝ち上がり、史上3校目の春夏連覇を果たした。

議論噴出した松井秀喜への5連続敬遠

1992年夏、第74回大会では松井秀喜が関わる「事件」があった。

11回目の出場となったこの夏、1回戦は新潟県の長岡向陵に11-0で大勝して好スタート。2回戦では明徳義塾との対戦だった。

春の選抜で3本のホームランを放った松井の長打力を警戒し、明徳義塾の馬淵史郎監督は松井の全打席敬遠を指示。4番松井は、5度の打席に立ちながら一度もバットを振ることなく、チームは2-3で破れた。

この「事件」を機に、5連続敬遠の是非だけでなく、高校野球における勝利至上主義についても議論を呼び、全国的な関心を集めた。

北陸勢初優勝を逃した1995年夏の甲子園

1994年と1995年には2年連続で春夏連続出場を果たし、4季連続の甲子園となった。

1994年は春夏とも1回戦で敗退したが、1995年春の第67回選抜大会でベスト8に進出して手応えをつかみ、夏の第77回大会に臨んだ。

左腕エース・山本省吾の力投で1回戦、2回戦と順調に勝ち進み、準々決勝では金足農を6-3、準決勝で智辯学園を3-1で退け、決勝戦では東東京の帝京と対戦。

北陸勢としても初優勝がかかっていたが、星稜は1回表1点を先制するも追加点が奪えず、1-3で敗退。準優勝に終わった。

奥川恭伸率いる星稜が新たな歴史を作るか

1995年の準優勝以降、夏の甲子園では3回戦の壁を突破することが出来なかった星稜だが、今大会ではプロ注目の奥川恭伸を擁し優勝候補の一つに挙げられている。3回戦の智辯和歌山戦では延長14回を投げ切って23三振を奪い、さらに評価を上げた。

奥川はU-18代表に選ばれ、中学時代に全国大会優勝の経験もある。夏の甲子園予選では158km/hをマークしており、ドラフト会議でも上位指名の筆頭候補だ。

令和元年の大会で奥川率いる星稜は、石川県勢初の優勝を果たすことが出来るか。

おすすめの記事