「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

記憶に残る名勝負、星稜高校野球部の歴史と戦績

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

石川県の甲子園常連校、星稜高校。あの、松井秀喜氏が高校時代を過ごした学校だ。甲子園では智将山下智茂監督のもと数々の名勝負を見せてくれた。ここでは星稜高校野球部の歴史や成績、名勝負などを紹介する。

夏の甲子園準優勝1回、ベスト4が2回

星稜高校は石川県金沢市にある私立高校だ。開校は1962年(昭和37年)、野球部も同じ年に作られた。甲子園への出場は春の大会が1977年第49回が初出場で計11回、夏の大会は1972年第54回が初出場で18回と計29回を数える。
春の大会では初出場から6連続で石川県の代表は星稜が務め、甲子園では2回ベスト8まで進んでいる。夏の大会では、第77回大会の準優勝を始め、ベスト4に2回進出した。2016年第98回大会では初戦敗退だった。

語り継がれる箕島高校戦延長18回の死闘

星稜高校の名勝負の一つに、1979年第61回夏の大会で繰り広げられた箕島高校戦がある。
4回目の出場となったこの大会は、初戦京都の宇治高校に8-0で勝利をおさめ、3回戦は和歌山県箕島高校と対戦する。試合は最初から投手戦の様相を呈し、4回にお互いが1点をいれたまま延長戦に突入した。
12回表、星稜高校が1点を入れるが、その裏2死から同店ホームランが飛び出す。16回表にも1点を入れると、又しても、その裏2死から同点ホームランが飛び出し、結局18回裏箕島高校がサヨナラで勝負を決めた。

おすすめの記事