「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鹿児島県高校野球御三家、鹿児島実業高校野球部の歴史と戦積

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の甲子園初勝利の立役者、定岡正二投手

夏の甲子園での初勝利は1974年第56回大会だった。この大会はエースに定岡正二投手を擁し、2回戦で西東京代表の佼成学園に1-0、3回戦で北陸代表富山県の高岡商業に1-0と僅差で勝ち上がり、準々決勝では、神奈川県代表の東海大相模と延長15回を戦い、5-4で勝利を収めた。しかし、準決勝の西中国代表山口県の防府商工戦では定岡投手の突き指もあり、1-2でサヨナラ負けを喫する。
定岡投手はその後読売ジャイアンツに入団、ローテーションの一翼を担い活躍した。兄の定岡智秋氏、弟の定岡徹久氏も鹿児島実業出身のプロ野球選手だ。

甲子園初優勝となった1996年春の甲子園

1996年7回目の出場となった第68回春の甲子園で、初優勝を飾る。この時のエースは、後に横浜ベイスターズに入団する下窪陽介投手だった。
鹿児島実業捕手林川大希選手の選手宣誓で始まったこの大会で、1回戦近畿代表和歌山県の伊都高に2-1、2回戦兵庫県代表滝川二高に2-0、準々決勝関東代表栃木県の宇都宮工業に2-1、準決勝では中国代表岡山県の岡山城東高に3-2と、いずれも接戦を勝ち進む。
決勝では近畿代表和歌山県智辯和歌山に6-3で勝利、優勝を手にする。この優勝は鹿児島県で初めての甲子園全国制覇となった。

2016年春の甲子園は2回戦敗退

2015年5年ぶり18回目の出場を決めた夏の甲子園では、第一日目の第一試合にカードが組まれ、対戦相手は南北海道代表の北海高だった。この南北対決は18-4で制するが、続く2回戦は愛知県代表中京大中京に3-7で敗れてすがたを消した。
翌2016年には第88回春の甲子園に5年ぶり9回目の出場を果たす。1回戦は関東代表茨城県の常総学院と対戦、6-2で勝利を収める。しかし、2回戦では近畿代表奈良県の智辯学園に1-4と敗れ、こちらも2回戦敗退となった。

まとめ

鹿児島県の強豪鹿児島実業野球部の歴史や甲子園での戦績、卒業選手などを紹介した。鹿児島県勢の甲子園優勝は鹿児島実業の春の甲子園の1勝しかない。2015年、2016年連続出場の勢いで、2017年夏の甲子園では優勝を目標に頑張ってほしい。

おすすめの記事