「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2016年春の甲子園で優勝、智弁学園高校野球部の歴史と戦績

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

2016年第88回春の甲子園で優勝を飾った、奈良県の智弁学園。赤いアンダーシャツと赤いアンダーソックスが印象的だった。2017年89回大会にも2年連続で選抜された。ここでは智弁学園野球部の歴史や成績、卒業選手に関して紹介する。

甲子園の成績はベスト4進出2回優勝1回

智弁学園は1965年(昭和40年)に設立された奈良県の高等学校だ。野球部も同じ年に作られた。甲子園への初出場は、春が1976年第48回大会、夏は1968年第50回だった。以降春の大会には計10回、夏の大会には18回と、合わせて28回の出場を数える。
春の大会では2回目となった1977年第49回、夏の大会では1995年第77回でそれぞれベスト4まで勝ち進んだ。春夏同時出場となった2016年は夏こそ2回戦で敗れたが、春の大会では香川県の高松商業を破り、初優勝に輝いた。2017年にも出場が決まっている。

春の甲子園初出場でベスト8

1976年智弁学園は春の甲子園に初出場を果たす。奈良県大会では天理高校に次ぐ2位だったが、近畿地区予選でベスト8に入り、5番目の評価を受けての選抜だった。
1回戦は、北海道代表札幌商業に5-0と完封勝利を収める。この試合のピッチャーは、エース阪本正行投手だった。阪本投手は三振の山を築き、奪った三振12個、全員奪三振の快投を見せてくれた。
2回戦は、中部代表愛知県岡崎工業に4-3で勝ち、ベスト8に進出した。準々決勝では、同じ近畿代表兵庫県の東洋大姫路高校に11-3で破れるが、初出場でベスト8は立派な成績だった。阪本投手はプロにはならず、同志社大学から三菱自動車に進む。

おすすめの記事