「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園には毎年出場?高知県・明徳義塾高校野球部の歴史

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

野球王国高知県の甲子園常連校と言えば、明徳義塾高校だ。星稜高校戦での松井秀喜選手への5連続敬遠で、世間の注目も浴びた。2017年春の大会への出場も決まっている。ここでは明徳義塾高校の歴史や戦積、卒業生などについて紹介する。

甲子園初出場から34年で、春夏通算34回の出場

明徳義塾高校は設立が1976年(昭和51年)と比較的新しい学校だ。甲子園への初出場は、春が1982年、夏が1984年とほぼ同時期に成し遂げた。以降春の大会には16回、夏の大会には18回の出場がある。毎年どちらかの大会に出場している計算で、2016年は同時出場を果たした。
2017年春の大会への17回目の出場も決まっている。春はベスト4が2回、ベスト8が5回、夏は優勝1回、ベスト4が3回と成績も申し分ない。2016年夏の大会でもベスト4に進出した。

甲子園初出場で見せた箕島高校との好勝負

甲子園初出場となった、1982年第54回春の甲子園では、1回戦近畿代表滋賀県の瀬田工業に11-0で完勝すると、2回戦は同じ近畿代表和歌山県の箕島高校と対戦した。
試合は緊迫の投手戦となり、両チーム得点できないまま、延長に入る。延長13回表、明徳は2点を挙げ勝負あったと思われた。しかし箕島打線は粘りを見せ2点差を追いつく。延長14回表、またも明徳は1点を挙げ、今度こそと思わせた。
しかし、箕島の打線は素晴らしく、一挙2点を奪い逆転サヨナラを収める。3-4で敗れた明徳だったが、初出場とは思えない戦いだった。

おすすめの記事