「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

近畿地方で探すバドミントン強豪校5選!

2017 2/16 10:10
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by 9george/Shutterstock.com

日本人選手が世界で活躍するようになり、東京オリンピックでもメダルが期待されているバドミントン。 そんなバドミントンに力を入れている近畿地方の強豪校を5校ご紹介します。 将来の金メダリストはこれらの強豪校から生まれるのかもしれません。

世界大会にも目を向ける「比叡山高等学校」

延暦寺学園が経営する比叡山高等学校では、特色のあるコース設定で将来の科学者・技術者の育成に力を入れ、国際交流も活発に行われています。
バドミントン部も例外ではなく、全国屈指の実力校です。インターハイや国体など国内大会優勝の経験も豊富ですが、それだけで満足することなく、全英オープン・ヨーロッパジュニア大会・アジアジュニア選手権など世界大会にも出場する選手を輩出するなど、世界に通用するバドミントン選手の育成に尽力しています。

少人数制の手厚い個別指導が評判の「滋賀短期大学附属高等学校」

手厚い個別指導で生徒の力を伸ばす教育を行う滋賀短期大学附属高等学校は、現役で難関大学を突破する生徒も多く、高く評価されています。
バドミントンでもその実力は高校生バドミントン・プレーヤーなら知らない人がいないほどの不動の地位を築いています。平成27年には秋季高校総体で団体優勝・個人ダブルス優勝・個人シングルス優勝とタイトルを総なめにしました。日本だけではなく常に世界大会でも結果を残せるよう練習を行っています。

おすすめの記事