「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中国地方では外せないバドミントン強豪校5選!

2017 2/16 10:10
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ekachai Stocker/Shutterstock.com

東京オリンピックでも男女ともにメダルが期待されるバドミントン。 国内選手の活躍がメディアで取り上げられる機会が増え、注目度も高まっています。 本格的にバドミントンを始める競技人口も増えていますが、ここでは中国地方でバドミントンを語る際に外せない強豪校5校をご紹介します。

県下有数の出石コーチのもと練習に励む「米子北高校」

学校法人翔英学園の米子北高校は、看護科も備えた私立高校で、毎年県内外問わず多くの病院に卒業生を看護師として送り出しています。
バドミントン部は県下有数の指導者である出石コーチの指導のもと、全国大会での活躍を目指して練習に励んでいます。平成27年度には中国高校選手権大会で男子は団体3位、女子は準優勝と奮闘しました。男子ダブルスの坂口・田中ペアは全国高校総体へもコマを進めています。 練習でも中学生に対して積極的に質の高いトレーニングを体験する機会を設けています。

県内で無類の強さを誇る「広島県立安芸府中高校」

広島県立安芸府中高校は、設立されてからまだ40年も経たない比較的新しい県立高校ですが、文武両道を掲げ部活動にも力を入れています。
特にバドミントン部は広島県内で平成24~26年度の県総体にて学校対抗戦・個人戦シングルス・ダブルスすべてで優勝し、強豪校として名乗りを上げています。 平成28年度はほとんどの選手が高校からバドミントンを始めた生徒でしたが、それでも県大会団体で男子がベスト32、女子がベスト16と、経験年数にかかわらず、きめ細やかな練習でレベルアップを図ることができます。

おすすめの記事