「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中国地方では外せないバドミントン強豪校5選!

2017 2/16 10:10
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ekachai Stocker/Shutterstock.com

東京オリンピックでも男女ともにメダルが期待されるバドミントン。 国内選手の活躍がメディアで取り上げられる機会が増え、注目度も高まっています。 本格的にバドミントンを始める競技人口も増えていますが、ここでは中国地方でバドミントンを語る際に外せない強豪校5校をご紹介します。

県下有数の出石コーチのもと練習に励む「米子北高校」

学校法人翔英学園の米子北高校は、看護科も備えた私立高校で、毎年県内外問わず多くの病院に卒業生を看護師として送り出しています。
バドミントン部は県下有数の指導者である出石コーチの指導のもと、全国大会での活躍を目指して練習に励んでいます。平成27年度には中国高校選手権大会で男子は団体3位、女子は準優勝と奮闘しました。男子ダブルスの坂口・田中ペアは全国高校総体へもコマを進めています。 練習でも中学生に対して積極的に質の高いトレーニングを体験する機会を設けています。

県内で無類の強さを誇る「広島県立安芸府中高校」

広島県立安芸府中高校は、設立されてからまだ40年も経たない比較的新しい県立高校ですが、文武両道を掲げ部活動にも力を入れています。
特にバドミントン部は広島県内で平成24~26年度の県総体にて学校対抗戦・個人戦シングルス・ダブルスすべてで優勝し、強豪校として名乗りを上げています。 平成28年度はほとんどの選手が高校からバドミントンを始めた生徒でしたが、それでも県大会団体で男子がベスト32、女子がベスト16と、経験年数にかかわらず、きめ細やかな練習でレベルアップを図ることができます。

全国総体でも入賞する力をつけてきている「岡山県立水島工業高校」

岡山県立水島工業高校は、機械科・電気科・工業化学科・建築科・情報技術科の5つのコースに分かれ、ソーラーカーレースなど工業系イベントにも生徒が積極的に参加することで、社会に求められる高い能力を持った人材の育成に力を入れています。
人間教育の一環として取り入れられている部活動でも、バドミントン部はとりわけスポーツマンシップを大事にしており、選手たちの元気な挨拶が体育館にこだまします。 近年では平成26年度に中国高校選手権学校対抗で準優勝したり、全国高校総体で男子シングルスの藤井選手がベスト8で入賞するなど、全国区の力がついてきており、これからの活躍が期待されています。

男女ともに中国地方で活躍する「山口県立柳井商工高校」

山口県立柳井商工高校は、商業科と工業科に分かれています。実践的な教育に重きを置くことで、高い就職率、そして進学先にも青山学院大学といった名門校が名前を連ねます。
勉学としっかりと両立させながら、バドミントン部の生徒は全国区の活躍を見せます。平成27年度には男子は団体でベスト8まで勝ち進み、男子ダブルスの上坂・岩永ペアと女子ダブルスの永田・岩永ペアがベスト16と大健闘しました。全国常連校として男女ともにさらなる活躍が期待されます。

中高一貫で優秀な選手を育てる「松徳学院高校」

松徳学院は、島根県松江市にある中高一貫の私立学校です。勉学と部活動の両立を掲げ、運動部だけでなく文化部も積極的に活動しています。
バドミントン部では中学校から丁寧に指導された選手たちが全国で活躍しています。平成27年度には女子バドミントン部がインターハイで団体ベスト8まで勝ち進みました。男子も平成28年度には島根県選手権大会で男子シングルスで佐野選手、ダブルスで佐野・南場ペアが優勝するなど、全国区の活躍を見せています。 また、周辺ジュニアクラブチームとの交流練習を頻繁に開くことで、若手の育成にも力を入れています。

まとめ

中国地方でバドミントンを語るなら外せない強豪校を5校ご紹介しました。 全国区で活躍を見せるところや、これからの活躍が期待されるところなど、質の高い選手が所属する高校が中国地方には多くあります。 これからの活躍に注目していきましょう。

関連記事

おすすめの記事