「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東海地方で探すバドミントン強豪校5選!

2017 2/16 10:10
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by The Art Friday/Shutterstock.com

もともと知名度の高いバドミントンでしたが、最近の日本選手の活躍もあり競技人口が増加しています。 高校に入学してからバドミントンを始めるという方も多いようです。 そこで今回は、東海地方でバドミントンをやるならココという強豪校をご紹介します。

部活動日本一を掲げる「県立岐阜商業高校」

平成28年には楽天ITスクールと提携を行うなど商業高校として実践的な教育に重きを置く県立岐阜商業高校ですが、部活動日本一を掲げクラブ活動にも力を入れています。
全国大会に出場する部活動が多い中、バドミントン部も特に県立高校では数少ない全国大会の常連校です。平成27年度まで男女ともに6回連続の出場を果たしています。参加する大会は日本だけにとどまらず、ジュニアオリンピックなどの国際大会でも活躍できる選手を育成しています。

心技一体の「名古屋経済大学市邨高等学校」

名古屋経済大学市邨高等学校は、名古屋にて幼稚園から大学までを経営する市邨学園の高等部です。創立者は「女子商業教育の父」と呼ばれる市邨芳樹氏で、今でも同校は当時と同じ教育理念に基づき学校経営が行われています。
バドミントン部も「心技一体」のコンセプトに基づき、全国区の活躍を見せます。平成26年には愛知県総体で男子団体優勝・女子準優勝、そして全国選抜大会でも男子個人ベスト8・女子個人ベスト8と、男女ともに質の高いプレーをすることで良い成績を残しています。

おすすめの記事