「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】面白い存在になりそう2回目の出場東京国際大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

2回目の出場となる箱根駅伝2018

東京国際大学は2017年10月14日に行われた箱根駅伝2018予選会で10位に入り、10位までに与えられる本戦出場権を手に入れた。これで2回目の箱根出場となる。
東京国際大学は、1965年国際商科大学として創設され1986年東京国際大学に改名された。駅伝部は2011年の創部とまだ新しいが、箱根駅伝予選会4回目の挑戦で9位に入り出場権を獲得した。
初出場で臨んだ箱根駅伝2016では、往路はよく頑張って12位でゴールしたものの、復路では徐々に順位を落とし17位で大会を終えた。

頼みの留学生が途中棄権箱根駅伝2017予選会

箱根駅伝2017予選会では、全体27位の4年生照井明人選手の1時間00分29秒を筆頭に1時間02分台までに6名が入ったが、1時間03分以上が4名いては、10位入賞は難しかった。
しかし、予選敗退最大の原因は留学生ランナーの誤算にあった。昨年59分14秒で走ったケニアからの留学生3年生のシテキ・スタンレイ選手に代えて、1年生のモグス・タイタス選手を出場させたのだ。そしてタイタス選手はゴールにたどり着けなかった。

おすすめの記事