「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】最後まで襷をつないでシードを目指す国士舘大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

最下位で終わった箱根駅伝2017

箱根駅伝2017に国士舘大学は、予選9位の成績で出場した。3年ぶり45回目の出場だったが、参加20校中(関東学生連合選抜はオープン参加)往路、復路とも最下位の20位に沈み上位進出はならなかった。

2016年大会は10秒差で予選敗退と悔しい思いをした。前回出場の2014年大会は出場23校中22位に沈んでいる。今大会は、シード権奪回を目標に雪辱を期して大会に臨んだ。しかし、1区を19位でスタートすると2区では20位に後退して、往路はそのまま20位で終わった。

23秒差で途切れた襷

往路20位の国士館大学は5時間54分57秒、往路1位の青山学院大学は5時間33分45秒で、その差遅れること21分12秒だ。そのため復路では、一斉スタートの対象となった。一斉スタートは1位から10分後にスタートする。

復路は何とか順位を上げたいところだ。1位から20分以上遅れてしまうと襷はつなげない。しかし6区を20位で首位とは17分38秒差と開き、7区では20分23秒差と23秒届かず8区への襷はつなげなかった。

この後も8区から9区、9区から10区へも繰り上げスタートを余儀なくされ、箱根駅伝2017は終わりを告げた。

おすすめの記事