「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】面白い存在になりそう2回目の出場東京国際大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

最後の10番目に滑り込んだ箱根駅伝2018出場権

2017年シーズンは全体の底上げが欠かせない。5月の関東学生陸上競技対抗選手権大会では10000mで4年生の鈴木博斗選手が自己新で17位、3000m障害では2年生の鈴木正樹選手が5位に入り、ハーフマラソンでは4年生の上村真司選手が27位に食い込んだ。
箱根駅伝2018予選会では4年生のシテキ・スタンレイ選手が全体25位の走りを見せると、30歳の元実業団ランナー1年生の渡辺和也選手はチーム9位に入り、チーム10番目の3年生浦馬場裕也選手も1時間01分46秒で走り結果発表を待った。
しかし9番目までには名前は呼ばれない。残り1校となったが常連校の明治大学も日本大学もまだ残っていた。息詰まる沈黙の後10番目に呼ばれたのは東京国際大学だった。

2年目に変身2年生の伊藤達彦選手

2年生の伊藤達彦選手は、静岡県の駅伝強豪校県立浜松商業高等学校の出身だ。高校3年間は全校高校駅伝には出場できなかった。
大学では1年生で箱根駅伝2017の予選会に出場して、チームで6位、全体では166位となる1時間02分45秒で走っている。2017年シーズになると関東学生2部10000mで29位、全日本大学駅伝選考会3組で18位とそこそこの結果は出してきた。
箱根駅伝2018の予選会では1時間00分14秒で走りチームで2番目、全体でも28位のタイムを出し予選突破に貢献した。昨年よりも2分31秒も速いタイムだった。

おすすめの記事