「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パラリンピックのウエイトリフティングを徹底解説!

2017 3/3 09:51dada
weightlifting
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

パラリンピックの競技の1つである「ウエイトリフティング」について紹介していきます。 競技の概要はもちろんのこと、そのルールや注目選手についてもふれていきます。 ぜひ興味を持っていただく機会になればと思います。

パラリンピックのウエイトリフティングはこんな競技

パラリンピックということで、参加者は障がいのある選手になります。障がいの種類は基本的に「下肢」に絞られます。下肢を切断した選手や、下肢を欠損している選手が対象となります。 クラス分けは選手自身の体重によって分かれ、下肢の障害の種類による区分はありません。
競技は専用の台の上に仰向けの状態で行われ、上半身のみを使用してバーベルを持ち上げるというものになります。イメージとしてはベンチプレスに近いと言えるかもしれません。

上半身だけで持ち上げるはとても難しい

通常のウエイトリフティングにしても、日常で大きい物を持つ時にしても、何かを上に持ち上げる時には「支え」が非常に重要になってきます。その支えは物を持ち上げる時の腕だけではありません。そう、下半身が大切になってくるのです。
人間は下半身、つまりは脚で地面を捉えて力強く踏ん張ることで、上半身にも力が入ります。しかしながら、パラリンピックのウエイトリフティングの参加者はそれが困難な状況にあります。 それだけ、上半身のみで重い物を持ち上げることはパワーの必要なことであると共に、賞賛されるべきことなのです。

おすすめの記事