「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピックウエイトリフティングの名場面を振り返る!

2016 12/1 16:42
ウエイトリフティング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://mainichi.jp/

力自慢を競うウエイトリフティング(重量挙げ)。第1回のオリンピックから正式種目にある格式高い種目です。これまで各オリンピック大会において数々の名場面が生まれてきましたが、その中でも特に多くの人の心に残っているであろう5つの名場面を厳選して紹介します。

リオデジャネイロオリンピック、三宅宏実選手の銅メダル

まだ記憶に新しい、三宅宏実選手のリオデジャネイロオリンピックでの銅メダル。30歳という年齢に加え、直前に腰痛を悪化させ痛み止めを打っての試技でした。スナッチは81kg、1回目、2回目と力なく失敗。スナッチで3回失敗すればクリーン&ジャークには進めません。3回目の試技、体を小刻みに震わせながら、全身の力で持ち上げました。クリーン&ジャークは、1本目に105kgを成功、2本目は失敗し、3本目はメダルをかけて107kgに挑戦。力強く持ち上げると宏実スマイル。
バーベルを降ろした後、バーベルをハグして、優しくなでる様子は印象深いです。2大会連続メダルの偉業を達成しました。

リオデジャネイロオリンピックのキリバス出身選手のダンス

同じリオデジャネイロオリンピックで、優勝したわけでも、メダリストになったわけでもなく、話題になった選手がいました。キリバスのデビッド・カトアタウ選手です。カトアタウ選手は男子105kgに出場。試技を成功しても失敗してもコミカルなダンスを踊り会場を沸かせました。カトアタウ選手がダンスを踊る理由は、母国キリバスが海面上昇によって水没してしまうことを世界にアピールするためでした。コミカルでユーモラスなダンスは悲しいダンスなのでした。

おすすめの記事