「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本競泳界のレジェンド 北島康介のライバルたち

2017 4/12 21:06
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 katacarix / Shutterstock.com

現在はどんどん若い選手たちが頭角を現してきている日本競泳界。その競泳界でレジェンドを一人挙げるとすると、北島康介さんではないだろうか。 どんな競技においても、ライバルと言える存在があるからこそ力を発揮し、結果を出すことができる。 レジェンド北島さんのライバルであった2人を紹介する。

日本競泳界のレジェンド 北島康介

近年の日本競泳界におけるレジェンドといえば、平泳ぎの北島康介である。 2004年のアテネオリンピックと、2008年の北京オリンピックの連続2大会で、100mと200m平泳ぎで金メダルを獲得。また、それぞれ「チョー気持ちいい」や「何も言えねー」など試合後の名台詞が流行語になった。
2012年のロンドンオリンピック。それまで競泳界をけん引してきた北島康介にはまだメダルがなかった。そして迎えた4×100m×メドレーリレー。レース前にリレーメンバー入江陵介選手、松田丈志選手、藤井拓郎選手3人で「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかないぞ」と話していたという。こんな先輩思いの後輩たち3人と共に、銀メダルを獲っている。
2016年のリオオリンピックの代表を逃したことで、現役を引退した。

メダル争いのライバル ブレンダン・ハンセン選手

北島さんのライバルといえば、まずはアメリカのブレンダン・ハンセンさんだ。2004年のアテネオリンピック直前のアメリカ代表選考会で 北島さんの保持していた100mと200mの平泳ぎの世界記録を塗り替え、出場を決めた。
しかし、至るオリンピック本番、2種目とも北島さんが金メダルを獲り、ハンセンさんは銀メダルと銅メダルに終わった。 4×100m×メドレーリレーでは、2004年のアテネオリンピックから北京、ロンドンと3大会連続で金メダルを獲り、ロンドンオリンピックでは北島さんをかわし銅メダルを獲得したが、大会後に引退を表明した。

おすすめの記事