「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パラリンピックの水泳競技についての解説

2017 6/13 12:41
水泳,パラリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A.RICARDO/Shutterstock.com

以前はオリンピックより知名度の低かったパラリンピックだが、現在はさまざまな競技で活躍している選手たちの名前を耳にするようになった。 リオでも水泳競技は、多くの日本人選手がメダルを獲得している。 今回は、パラリンピックの水泳競技について紹介する。

パラリンピックの誕生と発展

1960年に行われたオリンピックの開催場所であるローマで行われた第9回国際ストーク・マンデビル競技大会が、第1回パラリンピックとされている。1964年には、東京でもパラリンピック東京大会として行われている。
1989年に国際パラリンピック委員会が設立されたことで、障がいのある選手の世界最高峰の競技大会となるパラリンピックへと発展して定着した。日本も積極的にパラリンピックに参加し、日本障害者スポーツ協会と協力して、1991年以降にジャパンパラ水泳競技大会などを開催している。
また、国際大会への派遣や強化選手の合宿なども行い、障がい者の競泳競技に力を入をれている。

パラリンピック水泳競技の歴史について

水泳競技は当初、肢体不自由の車椅子での生活をしている選手だけしか参加できなかった。しかし、その後、上肢・下肢切断の選手、視覚障がいの選手、知的障がいの選手などの参加が認められていき、現在は幅広くさまざまな障がいの選手たちが参加できるようになった。
水泳競技は、日本の選手が過去のパラリンピックで、たくさんのメダルを獲得してきた競技のひとつだ。

おすすめの記事