「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

真剣勝負の中で生まれる!競泳界で起きた奇跡とは

2017 2/16 19:10
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Solis Images/Shutterstock.com

リオデジャネイロオリンピック。選手たちの活躍に興奮した方も多くいたことだろう。 そのリオ五輪で奇跡とも呼べる記録が誕生した。 ここではどんな記録が出たのか、見ていくことにしよう。

マイケル・フェルプスの起こした奇跡!

1985年アメリカ生まれのマイケル・フェルプス選手。彼は、競泳界の中でも「水の怪物」と呼ばれるほどの選手だ。そんな彼が打ち出した記録は数知れず。主にバタフライと個人メドレーを得意としており、自由形でも強さを発揮した。また、その中でも100m、200mバタフライと400m個人メドレーでは世界記録保持者となっている。
オリンピック通算獲得メダル数28個、北京五輪では1大会8個の金メダル獲得という史上初の記録も打ち出し、まさにこの記録は奇跡とも呼べるほど誰も近づけない大記録なのだ。

リオ五輪競泳、3人が同時にゴールして全員銀メダル

舞台はリオ五輪。男子100mバタフライ決勝で奇跡は起こった。なんと、金メダル候補だったマイケル・フェルプス選手が2位になっただけでなく、51秒14の同タイムで南アフリカのチャド選手とハンガリーのラースロー選手が同着で銀メダルになった。
同着というだけでも珍しいのだが、このレースでは、金メダルを獲得したシンガポールのジョセフ・スクーリング選手が五輪新記録でかつシンガポールで初めて金メダルをもたらすなど、まさに奇跡と呼べるレースだった。

おすすめの記事