「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

水泳女子自由形で日本人初となった金メダリスト柴田亜衣さんの功績

2016 11/29 21:30
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.arena-jp.com

アテネオリンピックで金メダルを獲得した元競泳選手の柴田亜衣さんをご存知だろうか。女子自由形で日本人初となった金メダリストでもあり、スポーツの普及活動や水泳の楽しさを子どもたちに指導することでも有名だ。そんな柴田亜衣さんの生い立ちや功績などを紹介する。

母の影響から水泳をはじめた幼少期の柴田亜衣さん

1982年5月14日に福岡県太宰府市で生まれた柴田亜衣さん。父親が転勤の多い仕事だったため、3歳のころ北九州市へと移住する。たまたま近所にスイミングスクールがあり、母親自身が泳ぐのが趣味だったこともあり、3歳の亜衣さんと3つ年上の姉をスクールに通わせることとなる。
次に移り住んだ徳島県美馬市でもスイミングスクールへと通い、その後も父親は転勤となるが単身赴任を選択し、母娘は美馬市で生活を続ける。

小学生から中学校にかけて徐々に水泳に打ち込んでいく柴田亜衣さん

実は体育は得意ではなく通知表も真ん中から下が多かった柴田亜衣さん。しかし水泳は幼少期から続けていたこともあり、クロール・平泳ぎ・バタフライ・背泳ぎのすべての型で泳ぐことができた。
小学校2年生までは週に2回ほどスイミングスクールに通い、徳島に移り住んだとき育成コースへと進む。それから毎日練習を続け、5年生になった頃には選手コースへとステップアップ。
中学生になると早朝と学校の帰りに1日で2回も練習するほど水泳に打ち込んだ。

おすすめの記事