「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピックでメダルラッシュ!競泳で強い国5つを紹介

2016 11/29 12:30
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by bikeriderlondon / Shutterstock.com

夏のオリンピックと言えば競泳も大きな注目を集める競技のひとつ。国際競技会では毎回アメリカの選手に圧倒されます。 しかし、競泳で強い国はアメリカだけではありません。今回はアメリカを含む競泳に強い国5つをご紹介します。

段違いの強さ!競泳最強国アメリカ

競泳で強い国と言われてまず思い浮かべるのがアメリカ合衆国。リオ五輪終了時までの競泳の金メダル獲得数は合計246個という驚異的な数字を誇っています。加えて、銀メダル172個、銅メダル135個で、すべての獲得メダル数を合わせると553個。
その秘密は、アメリカが持つ高いレベルの水泳指導技術にあります。また、世界各地から一流の選手が集まるという環境も要因となっています。
競泳のメダルラッシュに貢献したマイケル・フェルプス選手のコーチは「プレッシャー・シミュレーション」という方法を取り入れていました。これは、週に3回か4回、他の選手とタイムを競わせるなどして、わざと選手がいやがる状況で練習させるというものです。
これによって選手はストレスへの抵抗力を高め、好ましくない状況を乗り越える力を養っていくのです。

国民が日常的に水泳に親しむオーストラリア

オーストラリアも近年メダルを多く獲得している国のひとつで、とくに最近ではアメリカの次に強い国と認識されています。
オーストラリアの金メダル獲得数の合計は60個。銀メダル64個、銅メダル64個と合わせて合計188個にのぼります。
オーストラリアは国民が日常的に水泳に親しんでいるという背景があります。プール施設が朝5時という早朝から営業しており、仕事前にひと泳ぎする人も多いのだとか。また、水泳の研究も盛んに行われるとともに、選手の育成システムがとても整っていると評価されています。

おすすめの記事