「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初心者にもわかりやすい!知ればもっと面白くなる競泳の種目の種類

2016 11/10 19:16
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by jeep2499/Shutterstock.com

オリンピックの花形競技として人気の水泳。 2016年のリオデジャネイロオリンピックでも日本人選手がメダルを獲得して大いに盛り上がった。 もっと身近に競泳を観戦していただくためにも、今回は初心者の方にもわかりやすく競泳の種類について説明する。

まず押さえたい競泳の個人種目の種類

決められた距離を泳ぎ切るタイムを競う競泳だが、個人と団体に分かれて競技を行う。
まず最初に個人種目からご説明していこう。個人種目は大きく分けて「自由形」「背泳ぎ」「平泳ぎ」「バタフライ」、これらを順に泳ぐ「個人メドレー」の5つだ。それぞれの種目で距離が定められており、選手はエントリーした種目に出場することができる。
「自由形」は他の3種目以外であればどんな泳法でも良いのだが、ほぼ最もスピードの出る泳法とされるクロールで行われる。「自由形」=クロールといえる。

競泳種目の男女別の距離

次に男女別に5つの種目を見ていこう。それぞれの種目で定められた距離ごとに競技を行う。「自由形」では 50m・100m・200m・400m・800m・1500mの距離が設定されているが、多くの大会では女子1500mと男子800mは省略されている。 「平泳ぎ」「背泳ぎ」「バタフライ」では 50m・100m・200m があり、「個人メドレー」では200m・400mがある。男女別の距離の違いは自由形のみで、他は共通している。

おすすめの記事