「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1位でも出場不可?オリンピック競泳の出場資格を徹底調査!

2016 10/27 18:11
競泳 五輪 選考
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport / Shutterstock.com

オリンピックは競泳の世界一を決める大会の一つですが、誰しもがオリンピックに出ることができるわけではありません。五輪に出場するための条件と歴史をまとめてみました。

リオオリンピック選考会で2位の北島康介選手は落選

アテネと北京五輪の男子100m、200m平泳ぎで金メダルを獲得した日本水泳界のレジェンド・北島康介選手が、リオ五輪出場をかけて臨んだ2016年4月の代表選考会男子100m平泳ぎで、59秒93のタイムを叩き出して2位に入ったにもかかわらず、五輪に出場できないという事態が物議を醸しました。
ちなみに、1位となった小関也朱篤選手も59秒66で出場権を獲得することはできませんでした。これは、日本水泳連盟が設定した五輪派遣標準記録の59秒63を超えていなかったためです。ただ、北島選手は準決勝では派遣標準記録を突破していたため、世論は日本水連に対する選考に異を唱えました。

オリンピックの派遣標準記録はシドニー選考がきっかけ

では、前述の五輪派遣標準記録とはいったい何なのでしょうか。派遣標準記録が生まれたきっかけは、2000年のシドニー五輪の選考会までさかのぼります。
同年に開催された日本選手権で女子200m自由形で優勝した千葉すず選手が、国際水泳連盟が定める五輪参加標準記録に達していたにもかかわらず、それを選考条件にしていた日本水泳連盟は代表に選ばなかったという経緯があります。これが問題となってから、より明確な選考基準を作る機運が高まり、派遣標準記録という概念が生まれました。

おすすめの記事