「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もっとうまくなりたい!背泳ぎ上達のコツ5つ

2016 11/10 10:16
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov/Shutterstock.com

水泳を楽しんでいる方へ。 「もっと速く泳ぎたい!」と常日頃から考えている人のために、 今回は背泳ぎの上達のコツ5つをご紹介します。

背泳ぎの足の使い方

背泳ぎの速さを決める重要なポイントが、足の動きです。まず、しっかりと膝を伸ばしましょう。意識的に下に蹴るときは、6割の力を心掛けましょう。このときに膝を曲げると、足が沈んでしまいます。また、足首や膝に力が入っていても足が沈んで前に進みません。余分な力を抜くことにも気を付けてください。足を上げるときは、軽くボールを蹴るイメージです。4割の力で足を上げましょう。がむしゃらに練習していては、背泳ぎはいつまでたっても上達しません。

背泳ぎが上達する、手の動きその1

水をかくための手の動き、いわゆる「ストローク」にも、背泳ぎの上達のコツがあります。
基本はクロールの手の動きが逆になっただけですが、背泳ぎでは「遠くの水をつかむ」ことを意識しましょう。まっすぐ伸ばしながら、手を遠くへ運ぶイメージが、背泳ぎには必要です。また、半月を描きながら動かすことで、無駄のない泳ぎ方になります。手が水に入る際には、小指から入水するときれいなフォームに近づきます。半月を意識し過ぎて、手が曲がらないように注意しましょう。水中にある手は曲げていいのですが、入水前の手はまっすぐ伸ばしてください。

背泳ぎが上達する、手の動きその2

小指から入水した手は、体の真下を通りながら、太ももを目指します。このとき、水中にある手は水の奥深くをつかむことを意識しましょう。手のひらは外側に向けて、腕全体が水面と垂直になるとスムーズに動かせます。水中に手がある場合、肘を曲げる方が手のひらも外側に向けやすいです。太ももまで手を持ってきたら、手を水面から出します。手を水から出すときにもポイントがあり、親指から出すことを心掛けましょう。
あとは、手を伸ばして「遠くの水をつかむ」ことを意識し、半月を描いて手を動かす動作を繰り返します。

背泳ぎの呼吸法

背泳ぎでは、いかに息を吸って体を浮かせるかが大切です。息を吐くタイミングを間違えてしまうと、体が沈んで背泳ぎがうまくいかなくなります。背泳ぎでは、最小限の沈みになるような呼吸法を意識します。ポイントは、手を上げたときに息を吐くことです。「一番高い位置に手を持っていくまでの間」に息を吐くと、体が沈みにくくなります。肺にある空気を出し切らない程度に、息を吐いてください。背筋を伸ばすようにすると、より良い呼吸法になります。

ストレッチを意識すると、背泳ぎも上達する

「背泳ぎでスピードが出るようになったが、肩が痛くなったり、長距離で泳ぐことができない」。そんな方は、ストレッチをすることで解決するかもしれません。柔軟性は、背泳ぎにとって必要なことです。手を上げたときに、右手と左手は同じ高さの半月を描いていますか?左右どちらかの腕をメインに使った泳ぎ方では、体に負担がかかってしまいます。肩を痛める原因になるので、ストレッチを欠かさず行いましょう。肩に違和感を覚える方は、その部位をより時間をかけてストレッチしてください。柔らかいフォームになれば、長距離を泳げるようにもなります。

まとめ

背泳ぎでは、いかに体を浮かせるかが重要になります。息を吐くタイミングを変えるだけで、背泳ぎがすぐに上達することもあるでしょう。また、ストレッチによってもフォームが改善する場合もあります。 足と手の動きと一緒に、呼吸法や柔軟性にも気を付けてみてください。

関連記事

おすすめの記事