「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横綱だけの特別な儀式「横綱土俵入り」とは

2017 8/25 10:07跳ねる柑橘
yokozuna
このエントリーをはてなブックマークに追加

力士の顔見せ「土俵入り」

大相撲で、大勢の力士が土俵をぐるりと囲む様子を見たことがないだろうか。これは観客に力士を紹介する顔見世(顔見せ)、土俵入りと呼ばれる儀式だ。

土俵入りのとき、力士たちはそれぞれのとっておきの化粧まわしをつけて土俵に上がる。この土俵入りが行われるのは二回。十両取組の前に十両力士全員が、そして幕内の取組前には大関から前頭の幕内力士が行う。

だがこのとき、力士の最高位である横綱はこの「土俵入り」では顔見世をしない。大相撲で特別な階級である横綱には、「横綱土俵入り」という特別な土俵入りが用意されているのだ。今回はそんな横綱土俵入りについて見ていこう。

横綱土俵入りとは

横綱土俵入りは、幕内力士の土俵入りが終わった後に行われる。行司を先頭に、真っ白な綱を腰に締めた横綱が、露払い(つゆはらい)と太刀持ち(たちもち)という力士二人を従えて土俵に上がる。この露払いと太刀持ちは横綱と同じ部屋の幕内以上三役以下の格付けの力士が担う。部屋に幕内力士が不足している場合は一門から務めることもある。

露払いは土俵入りの際に横綱の前を歩く。かつて武将や大名がいた時代には、露で濡れた草花で主人が濡れて汚れないように主人の前を歩く役割である「露払い」をする家臣がいた。横綱土俵入りの露払いも同じ役割であり、横綱を土俵まで先導する役目を持つ。
一方の太刀持ちは、武将の後ろで刀を持って控えていた家臣や小姓に由来する。横綱土俵入りの際はタケミツ(竹で作られた模造刀)が使用される。

横綱は武将や大名に匹敵する特別な存在なのである。
土俵に上がると横綱を中央に向かって左に太刀持ち、右に露払いが並ぶ。横綱は柏手を打ち、右足で四股踏み、せり上がり、左足で四股踏み、せり上がり、右足で四股踏みの順で行う。四股を踏む際は観客から「よいしょー!」と掛け声が上がるのが横綱土俵入りの定番であり、盛り上がりのポイントでもある。
横綱土俵入りでは、四股踏みの間に行われるせり上がりの方法、そして腰に締める綱の形が異なる二つの「型」がある。それが雲龍型と不知火型だ。順に見ていこう。

おすすめの記事