「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夏の成果がここに出る!大相撲2017年の九月場所を予想

2017 8/3 12:07跳ねる柑橘
SUMO,RYOGOKU
このエントリーをはてなブックマークに追加

大相撲九月場所とは

大相撲九月場所とは本場所のひとつだ。全15日間の日程で、2017年は9月10日に初日を迎え、9月24日に千秋楽を迎える。会場は、相撲の聖地としておなじみの東京の両国国技館。
毎年9月に行われることから場所名は「九月場所」なわけだが、通称「秋場所」のほうが広く知られているかもしれない。この九月場所を含む「本場所」とは、年に6回行われる大相撲の興行のことだ。力士はそれぞれの段で優勝を目指して取組に臨む。
今回はこの九月場所と注目の力士について取り上げていく。

大化け、復活、愛子様……九月場所といえば

九月場所は「化け」と「再起」がキーワードとされる。直前の本場所は7月の名古屋場所(七月場所)であり、そこから1か月半近く間が空くことになる。その間力士たちは長期に及ぶ「夏巡業」で日本全国を回り、身体を鍛え、技を磨く。ちなみに巡業は本当に全国津々浦々の地方を回るため、本場所を観に行けない相撲ファンとの貴重な交流の場でもある。
そうした角界とファンを繋ぐ活動と並行して、力士は厳しい稽古を積む。そうして力をつけた力士は心身ともに一回り大きくなり、巡業明けの九月場所で大化けすることがあるのだ。また五月場所や名古屋場所で負傷した力士がこの間に治療を行い、巡業で調子を整えて九月場所に臨むといったケースも多い。
また、愛子内親王殿下は大の大相撲ファンであることは有名だが、2006年、2007年に皇太子殿下と雅子妃と家族そろって観戦されたのが、この九月場所だった。

おすすめの記事