「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

番付表から大相撲の階級を知ろう

2017 6/30 12:56跳ねる柑橘
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

力士養成員(序ノ口、序二段、三段目、幕下)

序ノ口、序二段、三段目、幕下。この4つの階級に所属する力士を「力士養成員」と呼ぶ。 この上にある十両、幕内の階級の力士を「関取」と、待遇が大きく異なる。
番付表の上にもその違いが顕著に表れている。格付けが一番下の序ノ口は、番付表でも一番下。虫眼鏡を使わないと読めないような小さな文字で書かれている。番付に載ることができるだけでも一つの大出世なのだが、それでも肉眼では読むのも難しい、そんな扱いだ。これは裏を返すと階級を上がること、出世が大きな意味を持つことを示している。
序ノ口の上に書かれるのが序二段、そしてその上に三段目。番付表の下から二段目、三段目に書かれるからこの階級名がつけられた。その上にあるのが幕下。「幕内の下」という意味だが、現在は幕下と幕内の間に十両という階級がある。江戸時代には十両は存在しなかったため、この名がつけられた。幕下まで番付を登れば関取まであと一歩という階級であるが、ここまでに何百人もの力士がいる。

力士養成員は厳しい修業の段階

力士養成員と関取との間には待遇に大きな差があると前述した。 これは相撲部屋の内弟子制度によるものだ。十両に上がってようやく力士として一人前とされており、それまでは星を上げ番付を登っていけるようにとにかく相撲漬けの日々が待っている。
まず、部屋に住み込みとなるため衣食住には困らないが、力士養成員には給与が出ない。また部屋の関取や親方の付け人として付いて回り、まわしの準備や手入れ、髷(まげ)を結う手伝いなども行う。
そして現代スポーツ界では異例かもしれないが、力士養成員には結婚が許されていない。部屋入り前に結婚していても、幕下以下は部屋に住み込みになるため、別居することになる。給与が発生しないため、現実的に家庭を持つことが困難なのだが、それでも現代社会の考えからすると厳しい原則だと言えるだろう。
こうした内弟子制度は落語や歌舞伎などの伝統芸能の世界でもみることができる。 スポーツという観点から見ると厳しい内弟子時代だが、これを乗り越えて十両に昇進すると「世界が一変する」と、多くの力士が語っている。その差は、幕下筆頭と十両十四枚目というたった一枚の差で、こうした待遇は分かれてくる。それだけに十両昇進は全ての力士養成員が目指す大きな目標なのである。

おすすめの記事