「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スピードスケート「長島圭一郎」~偉大なる功績~

2017 2/9 18:26
スピードスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://news.yahoo.co.jp/

スピードスケートは冬季スポーツの花形だが、その中で世界を相手に活躍してきた選手が長島圭一郎だ。 今回は、長島圭一郎の生い立ちから功績までを紹介する。

生い立ち

長島圭一郎は、1982年に北海道池田町利別で生まれた。実家は畜産業を営んでおり、スケートとは無縁の環境だったが、北海道という土地柄と、2人の姉がスケート遊びをしていたことで、3歳からスケートを始めた。
中学時代にはスケート部と野球部を掛け持ちした。その後、転機となったのが、高校進学の際に野球で推薦をもらえなかったことだった。そのため、高校ではスケート部に専念し、才能が開花し始めることとなる。

高校時代

地元の池田高校に進学してスケート部に入った長島は、当初は長距離種目の選手だった。長距離種目の選手としては、なかなか思うような結果が出ない日々が続くが、高校3年生の時に短距離種目に挑戦したことから、大きな転機が訪れる。
短距離種目の全日本ジュニア選手権500m、インターハイ1000mで立て続けに優勝したが、これが短距離転向後3ヶ月ほどでの出来事だったことから、いかに短距離種目に適性があったかがわかると思う。

おすすめの記事