「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最高の国産DF!ジョン・ストーンズのクオリティとキャリア

2017 8/3 12:07dada
ジョン・ストーンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

エヴァートン期待の星!だったジョン・ストーンズ

ジョン・ストーンズ(以下、敬称略)選手は、2012-13シーズンの冬の移籍市場でバーンズリーFCからエヴァートンFC(以下、敬称略)に加入したDFだ。この時の契約は5年で移籍金の額は300万ポンドと言われている。現在の日本円にすると4億円ほどだ。
彼はこれ以来エヴァートンの主力として、最終ラインを守ることになった。
タックルやスライディングの精度が高く、どんな選手を前にしても物怖じしない姿勢はサポーターからも好印象だった。ボールを持たせば、的確に味方選手に配給することができ、ロングフィードもお得意のものだった。
エヴァートンの最終ラインにはレイトン・ベインズ選手がいるが、彼もストーンズと同じくボールの扱いに長けていた。彼らが繰り出す最終ラインからの組み立ては、エヴァートンにとっての持ち味だった。若かったストーンズも、少しずつクラブのかけがえのない存在へと成長を遂げていった。
だが、2015年夏。そんなストーンズに移籍の噂が持ち上がるようになる。

チェルシーとエヴァートン、禍根を残した移籍騒動

ストーンズを狙ったのは、豊富な資金力を有するチェルシーFC(以下、チェルシー)だった。当時チェルシーを率いていたのは、モウリーニョ監督(以下、敬称略)。サッカー界を代表するカリスマ監督だ。
モウリーニョは2014-15シーズンにリーグを制していたが、DFの選手補強が急務であると考えていた。守備にも攻撃にも熱心な働きができる選手が必要だった。
そこで白羽の矢が立ったのが、ストーンズだ。ストーンズに対してチェルシーは移籍金を積み上げ続けた。何度断られようと、だ。しまいには、ストーンズ側が移籍希望をエヴァートン側に出したが、これは却下された。会長自ら「ジョンは売りに出されていない。彼は私たちのファーストチームにおける重要選手だ」と主張。移籍騒動に関わった人間全てが、険悪なムードに包まれ移籍は破談に終わった。
この騒動もあり、2017-18シーズンに向けてチェルシーが狙っているとされる、エヴァートンのロメル・ルカク選手(以下、敬称略)の移籍交渉も上手くいっていないとされる。ルカクは元々チェルシーに所属していた選手で、本人はチェルシー復帰に対してもやぶさかではない様子だ。 しかし、過去のストーンズ騒動のおかげでエヴァートンが態度を硬化させている。
もちろん、エヴァートン側の気持ちがわからないでもない。ストーンズにしろ、ルカクにしろ、エヴァートンで花開いた逸材だ。ビッグクラブに対しては、頑なでなくてはならない。それは自身がタイトルを獲るために、彼らのような逸材が必要だからということもある。

おすすめの記事