「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【猛獣注意】復活を遂げたティグレ!ラダメル・ファルカオの今

2017 8/3 12:07dada
ラダメル・ファルカオ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペインの懐かしき3人の男たちとティグレの名

かつてのリーガ・エスパニョーラには、リオネル・メッシ選手クリスティアーノ・ロナウド選手、ラダメル・ファルカオ選手(いずれも以下、敬称略)という選手がいた。
この3人はそれぞれFCバルセロナ、レアル・マドリードCF、アトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)という、スペインを代表する3クラブに所属していた。彼らによる得点王争いは、必然とクラブの優勝争いを左右していた。20代半ばであった当時のファルカオは、選手として脂の乗り切ったタイミングで世界最高峰のストライカーとして君臨していた。
左右両方の足が正確に扱えるファルカオは、様々な角度からシュートを放つことができる。ゴール前のポジショニングは正確で、味方からパスを受けてのポストプレーも上手い。空中戦にも長けており、彼の強烈なヘディングシュートは幾度となくゴールを突き刺した。
ドリブルやパスなど、華麗な攻撃で崩すメッシやロナウドを現代的なストライカーとするならば、ファルカオは数の少なくなってきた「古典的ストライカー」だろう。猛然とゴール迫る姿勢と嗅覚は猛獣のようだ。彼の愛称である「ティグレ(虎)」は彼のためにある名だ。
だが、ファルカオはこの三すくみから離脱する形で、2013-14シーズンにフランスのリーグ・アンで戦うASモナコ(以下、モナコ)へ移籍した。スペインのサッカー界は一気に寂しくなった。

転換期を迎えたASモナコと海外選手

2013-14シーズン当時のモナコは、多額の資金でクラブを強くする転換期にあった。前シーズンをリーグ・ドゥ(フランスの2部リーグ)首位で終えていたモナコは、リーグ・アンでも躍進を続けるために補強が必要不可欠だった。
このシーズンはファルカオだけでなく、ハメス・ロドリゲス選手、ジョアン・モウチーニョ選手、リカルド・カルバーリョ選手といった海外の大物選手を集めた。
ただ、ライバルクラブであるパリ・サンジェルマンFC(以下、パリ・サンジェルマン)も前年から積極的な補強を続けており、リーグでの争いは熾烈を極めた。 結果的にパリ・サンジェルマンは、2012-2016シーズンまでリーグを4連覇した。

おすすめの記事